卓球 指導法 | 初心者が上達する練習方法

-  |  次の3件 »

伸び悩んでいるジュニア選手のための卓球上達練習法

体が小さく体力にまだ自信のない小学生でも、試合でひと回りも大きな
選手を相手に楽々と勝てるようになる。

まわりと同じように一生懸命練習しているのに試合になると勝てない。
そんなジュニア選手でも、自主性とやる気を引き出しながら、
ぐんぐん卓球が上手くなる。

それを可能にするのが、加藤雅也さんの「卓球ジュニア選手育成プログラム」です。

内容のごく一部をご紹介したいと思います。

・非力な小中学生でも強豪相手に負けないスピードドライブのコツとは?
・サーブに回転をかけられない選手が見落としている癖とは?
・相手の目をかく乱させる「サーブモーション」のとっておきの上達法とは?
・スピードドライブにカウンタードライブで得点するテクニック習得法とは?
・スイングと逆方向に飛ばす”流し”が苦手な選手にお勧めのトレーニングとは?
・ナックル性ロングサーブでポイントを取るスキルとは?
・レシーブのボールコントロールが見違える程レベルアップする練習法とは?
・鉄壁のフォアハンドブロック習得法とは?
・的確なレシーブがなかなか身に付かない小中学生選手が疎かにしている肘の使い方とは?
・勝てる選手必修!相手に攻めさせない「回転を入れた」ストップを習得するコツとは?
・サーブからの三球目をいつも打ち込まれて失点してしまう選手の苦手対策とは?
・相手が打ち返しにくいループドライブ習得のコツとは?
・フォアとは違うバックループドライブの苦手な選手の克服策とは?
・相手が返しにくいサーブを打って試合の主導権を握る極意とは?
・ループドライブに対するカウンターが不安定な子供が怠っている姿勢の注意点とは?
・カウンタードライブを武器にトップ選手に成長した中学生選手の練習法とは?
・攻撃に転じるために修得しておきたいブロックテクニックとは?


教材はDVD形式なので、「見て、真似する」だけで、卓球上達のコツが覚えられます。


卓球ジュニア選手育成プログラム 〜試合で勝ちたいジュニア選手や親御様へ、ジュニア卓球に特化した指導法〜【加藤雅也 監修】

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卓球初心者が本当に上手くなる練習法

20160120.jpg


威力のあるドライブを打とうとしても球に力が伝わらない。
スマッシュに対してのブロックがいつも焦ってミスを繰り返してしまう。
相手の球への反応がいつも一歩遅くなってしまう。

そんな悩みはありませんか?

卓球を始めたばかの初心者が上達するには、普段からどんな点に注意して
トレーニングをすればいいのでしょうか。

身近にアドバイスしてくれる人がいない場合でも、諦める必要はありません。
なぜなら、初心者にも手取り足取り分かりやすく教えてくれる教材があるからです。

あとは「誰に教わるか」がポイントですが、今日ご紹介する初心者向け上達プログラムは
オリンピックに2度出場した遊澤亮さんが指導してくれます。

日本のトップレベルの選手が当たり前のように知っていて、初心者が知らないことを
丁寧に教えてくれるので、とにかく早く上達したいという方にはおすすめです。

「どんな内容の教材なんですか?」

DVDを見て学ぶ形式のものなんですが、少し内容をご紹介しますね。
・力強いショットを打つための「スイング」
・鋭いドライブ回転を効率よくかける方法
・バックハンドでもフォアハンドに負けないくらい強いショットを打つコツ
・意外と知らない? フリーハンドの使い方
・力強いカットを!下回転サーブを効率よくかけるコツ
・初心者の憧れ 右横回転サービスと左横回転サービスを使い分ける方法
・ツッツキやフリックをマスターし、どんなサービスにも対応するコツ
・勝つための戦略!3球目攻撃って何?
・シェークハンド選手の効率的練習法
・ペンホルダー選手の効果的練習方法

いかかですか。遊澤さんはさすがに日本のトップを極めた方なので
初心者が上達する上で欠かせないポイントはすべて熟知しています。
また初心者の悩みに対して、すぐに的確なアドバイスをしてくれます。

試合で実力を発揮するには基本をマスターすることが大切ですよね。
遊澤亮さんの練習法は、その点、基本に忠実です。

自己流で悪い癖がついたままでは、上達は難しいですが、
遊澤さんの教材で紹介されている練習法は、実戦に役立つ
本物の力が身につく練習法なので、
初心者に卓球の指導をされている方も学ぶことが多いはずです。

プロが行う正しい練習方法を目で見て真似する効果は絶大です。
>> 卓球 遊澤 亮 驚異の卓球上達法




※ジュニア選手育成に特化した、このトレーニングも人気があります。
>> 詳細はこちらをクリック

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ中国式の卓球は強いのか?

1028_2.JPG 卓球は先手必勝のスポーツですよね。
 ラリーの主導権をいち早く奪って先に攻めた方が勝つ。

 現在、卓球王国といえば中国ですが、中国では勝つために
「前陣〜中陣での戦い」「速いスピード」「強い回転」
 この3つを重視しています。

 一方、昔ながらの日本式の卓球は、腕全体を使った
 プレーが特徴です。

そういうプレイスタイルは中陣〜後陣の攻防では強さを発揮する反面、
動作が大きくスピードに劣るため、試合の主導権が奪えません。
そして、いつの間にか後手後手に回ってしまうのです。

現代の卓球では、回転の利いたショートサーブが主流となっています。
ですから、台上の攻防を得意とし、前〜中陣で強さを見せる
中国式の卓球スタイルがより有利なんですね。

今回ご紹介する卓球指導法・練習方法は、日中卓球センターの
毛大宝(モウ・タイホウ)先生が教える卓球上達法です。

モウ先生の教え子の中からすでに10人以上の小・中学生チャンピオンが
生まれていることからも分かるように、現代卓球の流れに逆らわない
モダンな指導法になっています。

トップクラスの選手たちがどんな練習をしているのかコチラで紹介されています。
>> 中国式現代卓球講座


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
Copyright © 卓球 指導法 | 初心者が上達する練習方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。